奈良県-美吉野醸造-【花巴】

花巴は酸のおいしさを追求する蔵だと蔵元が断言しています。
以前奈良出身の酒評論家、故「立松朗」先生に奈良県の酒をどう思うか尋ねられたことがありました。
「全般に酸が高くて雑味に感じられるように思います。」と答えたことがあります。
当時は淡麗、キレイがもてはやされた時代でしたからそう感じたのだろうと思います。
ところが次第に食生活が洋風化・多様化し、ワインが日常的に飲まれるようになると、日本酒にも多様な酸が求められるようになってきました。
料理の邪魔をしないではなくて、料理とのバッティング・マッチングを求めるようになってきたのです。
蔵元が酸のおいしさを追求するといったのはまさにその表れだと思います。
この蔵には『水酛純米』という稀有な酸と香り味わいを持った酒があります。
まさに唯一無二の味わいだと思います。
まだ飲まれていない方はぜひ一度お試しいただきたいと思います。
11