鳥取県-梅津酒造-【冨玲】

梅津酒造は名峰大山を突っ切って日本海に抜けた海岸近くにあります。
蔵に入ると日本酒の醸造設備と焼酎の蒸留設備が同居していて、見慣れないものには異空間に足を踏み入れたような雰囲気になります。
醸造方法は極めて古式、といえば失礼な言い方になるのでしょうか。
でも古来からの酒造りの王道を守っているような気がして、これでいいんじゃないだろうか、という気がします。
焼酎は『砂丘長いも焼酎』という鳥取県を代表する焼酎を製造されています。
生もと仕込みの比率も高く、生もと仕込みは酵母無添加、つまり蔵付きの天然酵母仕込ということになります。
同業者から天然酵母仕込みは難しいのでは、との問い合わせも多々あるそうですが、ちゃんと手順通りやっていれば何にもむずかしくないですよ、と答えるのだそうです。
速醸でも活性は高く時に20度超えもあり、その特性を生かして梅酒を日本酒で漬けこむ『梅ちゃん』という商品もあります。
私も試してみましたが、この日本酒で漬ける梅酒は本当に最高です。
地元の野花(のきょう)梅を『梅ちゃん』で漬けた『野花の梅酒』という高級梅酒も発売していて、これまた最高に美味です。

素朴で実直で朴訥として飾らず、その人柄そのままにもほのぼのとした温かさに包まれるお酒です。
2