香川県-丸尾本店-【凱陣】

丸尾本店とお付き合いが始まってずいぶんと時間がたちました。
初めて蔵にお邪魔した時に現社長のお母様が「よく私らのお酒を見つけられましたね。」とおっしゃったことを覚えています。
当時の私の周りで凱陣の名前を知っている方は誰もいなくて、私は偶然に巡り合ったわけですが、このお母様の自信あふれた言葉を聞いて、どこかではすでに引っ張りだこになっているのだろうか、と思ったことでした。
その後時の経過とともに凱陣がとんでもない名酒であることと、なかなか手に入れることができないまぼろし的なお酒であることを知ることになります。

現丸尾社長は当時営業をされていて、徳島に初めて取引先ができたことが嬉しかったのか、その後とても親密にお付き合いをしてもらえるようになりました。
一緒に興味ある蔵を見に行ったり酒の会に誘ってくれたり、、、

蔵への利き酒はほぼ毎年行っています。
ありがたいことにその年のお酒を全部きかせてくれます。
ただ今年は新型コロナの影響で行けるかどうか未定です(令和2年6月現在)。
利き酒は蔵がイベントとして開催するのではなく、特約店が自分たちの都合にあわせて丸尾社長と相談のうえ決めます。
私は特約店に知り合いが何人かいるので、その方々に便乗させてもらって伺うようにしています。
そうでないと40銘柄くらいをその都度並べて、利きチョコも同様に並べて、お昼の讃岐うどん巡りからスタートして時には夜のコースまで長時間お付き合いしてくださるわけですから、一人で伺うのはあまりにも申し訳ないです。
利き酒の光景はこんな感じです。
長テーブルの上にぐるりとお酒が並べられます。
テイスティングはブラインドで行われます。
だいたい私は二回りするパターンが多いです。
何十年もお付き合いしていますから、ドンピシャで当たるのもありますが、だいたい7〜8割が当たらずとも遠からず、といったところでしょうか。
一通り利き酒が終わると仕込み号数順に丸尾社長の回答と解説があります。
そのあと雑談になるのですが、親しいとはいえ仕事上の真剣勝負です。ここまでの緊張感も心地よくとても勉強になります。

ながながと失礼しました。。





9