鳥取県-諏訪酒造-【満天星】

江戸時代に参勤交代で城を出た一行が、最初に泊まる鳥取県最大の宿場町として栄えた智頭町。
また林業では智頭杉の産地として大富豪を生み出した土地柄でもあります。
諏訪酒造もその中枢をなす名家として現在に至っています。
かっては中国地方を代表する吟醸蔵として名を馳せていましたが、近年は神亀酒造らと手を携え、「酒は純米、燗ならなお良し」の旗印のともに純米酒の普及に邁進している。
酒質は極めて優しい。
満天星の核をなす酒米『玉栄』に由来するものなのか、水のせいか、熟成のなせる技か、いずれにせよ数年を経たものはホッとするような優しい燗が付く。



4