滋賀県-竹内酒造-【明尽】

江戸時代から東海道を行き来する旅人が楽しみにしていた『石部の酒』、
飲めなくなるのが嫌で人に教えなかったから別名『語らずの酒』とも。
常きげんで農口尚彦の下で修行し、先代杜氏の引退に伴って35歳の若さで
竹内酒造の杜氏として送り込まれたのが中村尚人杜氏です。
移籍した年にいきなり金賞受賞、そして4年連続金賞受賞という離れ業で世間をあっと驚かせました。
フルーティーな『明尽』、洗練された食中酒の『唯々』、どちらも手ごろな価格でしかもコスパ抜群です。
ぜひ一度お試しください。


6